アフィリエイトサービスプロバイダ
Racontons avec moi !
私の撮った写真、観た映画、聴いた音楽などを綴ります。 Racontons avec moi! J'espère ta santé.

プロフィール

N.mochomi

Author:N.mochomi
フランスのシャンベリーにて留学中です!

芸術(映画:音楽:演劇:絵画:写真)が好きです。

毎日の生活の写真日記♪
気軽にコメントしてくださいね☆
お話しましょう(^^)!!


文字サイズ変換

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





るーぺー
「私、フランスの猫ちゃんじゃないよ?」



このブログに載せてる犬猫の写真は、フランスで撮ったものではありません。
日本にいるときに毎月数回ボランティアに行っていた保護施設の子たちです。

以前お話した「おにいちゃん」も、保護施設の子です。


今でも、毎週ボランティアに行ってるお母さんとSKYPEで話す内容は
保護施設のことです。


「今日は~の散歩にいってね(^^)とっても可愛かったんだよ~!!」

s-096.jpg



と、ボランティアのことを聞きます。



日本にいた時は、"悲しいお別れ"をあまり経験しませんでした。


ですが、私がフランスに来てから



"ちょっと体調が悪いみたい”


"お星様になったよ。"


と、いう言葉を聞く事が増えました。


保護施設は、人間の生活の邪魔にならないように
田舎の山のほうにあります。


冬は寒いのです。


保護された子達は、年をとっている子が多いので
寒さは余計に体に負担がかかり
負担は蓄積されてしまいます。


日本にいた時に、"悲しいお別れ"をあまり経験しなかったものだから

「もう会えなくなる」

ということなんて考えずにフランスに来てしまいました。


また日本に帰ったら、当たり前に会えるんだから

なんて思ってただけに、

"悲しいお別れ"を聞くたびに辛く感じます。


新しい家族の元へ行く"嬉しいお別れ"だけ考えていました。
(私がフランスに来てから、ご縁の合った子もいますよ(^^))



私は、ボランティアに行く感覚で保護施設に行ったことはありません。
自然豊かなあの場所で、たくさんの可愛い犬たちとの散歩を楽しみ
たくさんの猫ちゃんに囲まれながら午後をまったりすごしたり
わたしにとっての週末の癒しの日々でした。

一匹でも多くの子が、幸せになれますように。
そして、私の一番大好きな君へ。
"悲しい別れ"は絶対にいやだからね!


スポンサーサイト





この記事へのコメント:
名前
タイトル
メール
URL

password
管理者にだけ表示を許可

元気そうでよかった(*^^*)♥
何か写真が全部お洒落やね\(//∇//)\
日本はもうすぐGWだよ~!
塩中メン3人だけでも集まりたいとこだけどうちはバイトに明け暮れますww
かなこ | 2012.04.26 12:16 | edit



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。